医学部の合格率の高い予備校の特徴

医学部専用の予備校でも

医学部専用の予備校を謳っている中でも、合格率がさほど高くないところもあれば、かなりの成績を残しているところもあります。
この差を分けるものというものがわかっていれば、自力で探す場合にも見つけやすくなります。
予備校の中には医学部に合格しなかったら授業料を免除するという気合の入ったところが存在します。
それだけ高い合格率を誇っており、絶対の自信があるためにそのようなことができるという要素があります。
この場合の授業料免除というのは翌年の授業料を指しており、もし最初の1年間で合格できず、浪人をすることになったとしてもより確実に合格をすることができるようになります。
こうした予備校はたっぷりとした勉強時間を受験生に課します。
例えば、メディカルラボのように朝から夜まで強制的に勉強をさせ、圧倒的な勉強時間によって医学部に行かせるということをするところもあれば、少数精鋭にし、1人1人の勉強の質などに指導が行き届くようにする予備校もあります。

医学部専用の予備校でも勉強時間の違い偏差値が低い人が医学部を目指す